NHK大阪は関西電力と原発の広告塔なのか?

今年の4月から電力の小売り自由化が始まります。従来の電力会社に加えて、ガス会社をはじめ多様な異業種の発電会社そして再生可能エネルギー(自然エネルギー)業者の参入もあります。消費者は、地域をこえ(関西の人が東北の電力会社を選ぶなど)、および多様な電力会社から電気を選択できるのです。関西電力の独占体制が崩れるのです。
消費者は、原発エネルギーか、あるいは再生可能エネルギー(自然エネルギー)かを選択できるようになりました。

ところが、NHK大阪放送局の1月15日(金)放映の「ニュースほっと関西」(18:00から18:30)において、どのように電力会社を選択するかの解説に際して、女子アナウンサーが「高浜原発の再稼働があれば料金が安くなりますので、それを待ちましょう」と、関西電力と原発のスポンサーであるかのような報道をしました。これは消費者の選択の自由を妨げ、特定電力会社を支援し、しかも将来の不確定なことを断定的に報道したものであって、NHKのいう受信料に支えられた公共放送としては、断じて許されないことです。公共放送に値しないなら、受信料を払う必要はありません。

わたしは、金融の公共性研究所名で、次のような公開質問状を送付しました。どのような回答が寄せられるのか、それとも無視されるのか、楽しみです。

NHK大阪放送局「ニュースほっと関西」放送責任者への
公開質問状
1月15日(金)放送時に、4月から始まる電力小売り自由化の会社選びのポイントの報道において、解説者の女子アナウンサーが、公共放送にあるまじき不正確で不適切な解説をしました。それに抗議するとともに、次の4点について、当研究所名で公開質問をいたします。質問内容および貴局のご回答は、当研究所のWebサイトを通じておよびfacebookで、インターネットにて公開しますので、誠実かつ真摯に対応して頂くようお願い申し上げます。

第1に、会社選びの基準を、「料金が安いかどうか」だけで説明したことです。電力取引監視等委員会がまとめた電力小売りのルールでは、小売り業者は電力の電源構成を明らかにし、原発か再生可能エネルギーかを選択できるようにすること、となっています。再生可能エネルギー業者の参入もあります。
それなのに、なぜ料金だけを選択基準と説明されたのか、ご回答願います。

第2に、「高浜原発が再稼働すれば料金が安くなる」と説明されたことです。しかし、これは将来の不確実なことで、原発規制コストの上昇と原油価格の下落で、原発が再稼働すれば料金が安くなると、今の時点で断定することはできません。将来の不確実なことを、原発が有利だと、関西電力のスポンサーのように断定的に報道することは、公共放送として許されません。
この報道姿勢の誤りについて、どのように思われているのか、ご回答願います。

第3に、「高浜原発再稼働ありき」と断定的に、しかも決まっているかのように報道したことです。高浜原発が再稼働できるかどうかは、周辺自治体および住民や国民の世論の動向によります。反対運動が強く反対意見が多ければ再稼働はできません。その世論の今後の動向を無視して、「再稼働ありき」と断定的に決まったことのように誘導報道することは、公共放送として許されません。
この報道姿勢の誤りについて、どのように思われるのか、ご回答願います。

第4に、昨年の国連「IPCC(気候変動に関する政府間パネル)」の第5次統合報告書は、温暖化対策のためには、再生可能エネルギーの普及が重要であることと、原発はリスクが大きいことを、世界に向けて明快に発信しました。世界の潮流は、再生可能エネルギーと脱原発で動いていますし、それが人類が生き残るための最後の道です。その状況に鑑みて、貴局の報道姿勢は明らかに後ろ向きです。この報道姿勢に問題はないのか、ご回答願います。

ご回答は、抽象的な文言や曖昧な表現でごまかすのではなく、誰にもわかるように、明快に具体的に、上記の4点のそれぞれについてお願いします。
なおこれは視聴者個人の問い合わせではなく、貴局に対する公開質問状であることを念頭において対処されるよう、お願い申し上げます。どのような事情であれ、ご回答無きときは、上記の指摘が正当であったものとして取り扱わせて頂きます。また公開質問状を無視されたことの不利益は、貴局にあります。

なおこの公開質問状は、嫌がらせのたぐいではなく、NHKが公共放送としての姿勢を正し、視聴者に対する信頼を得るためのものですので、そこはお間違えのないよう、誠実に対応して頂くようお願い申し上げます。

電力小売り自由化を前に、マスコミおかしいぞ?

今年の4月から電力の小売り自由化が始まります。従来の電力会社に加えて、ガス会社をはじめ多様な異業種の発電会社そして再生可能エネルギー(自然エネルギー)業者の参入もあります。消費者は、地域をこえ(関西の人が東北の電力会社を選ぶなど)、および多様な電力会社から電気を選択できるのです。
ここで重要なのは、消費者が、原発エネルギーか、あるいは再生可能エネルギー(自然エネルギー)かを、選択できるようになったことです。
電力取引監視等委員会がまとめた小売りのルール案は、小売り事業者は販売する電力の電源構成を開示することが望ましいとしています。
脱原発を望む消費者が再生可能エネルギー(自然エネルギー)を選択して、その企業や業者を応援することが可能になったのです。素晴らしいことです。
ところが、わたしのみる限り、電力会社を選択する基準についてのマスコミの報道は、もっぱら価格で選択することに集中しています。これはなんか、変です。

再生可能エネルギー(自然エネルギー)とは、太陽光、太陽熱、地熱、風力、水力、波力、潮力、バイオなどの自然のもつエネルギーのことで、石炭・石油などの化石燃料のように二酸化炭素や汚染物質を出しませんから、人類を死滅させる危機状況にある地球温暖化に対する最後の切り札です。また初期投資は大きくても原料が無料ですから、長期的に安上がりになっていくエネルギーなのです。
日本は、周辺を海に囲まれ、豊富な地熱があり、雨量も多く、季節風も吹きますから、再生可能エネルギー(自然エネルギー)の潜在資源がとても豊富な国なのです。再生可能エネルギーの普及が進んだドイツの9倍もの潜在資源をもっているのです。ところが残念なことに、その普及率はドイツの9分の1です。

これと比較して、原発エネルギーは、次のような重大な10のリスク(危険性)をもっています。
(1)ウラン鉱石と同じレベルになるまで10万年かかる使用済み核燃料(放射能が使用前の1億倍にもなる、きわめて毒性の強い高レベル放射性廃棄物:いわゆる核のゴミ)の最終処分場が無いことです。これらは原子力発電所と青森県六カ所村に大量に一時保管され(それ自体危険なことですが)、それも満杯になっています。関西電力は、その一時保管所(現状では永久保管になる)を舞鶴に置きたいと京都府知事に申し入れ、知事の怒りをかいました。関西の水がめ琵琶湖が汚染されでもしたら、京都・大阪・滋賀など関西全体が住めなくなります。
(2)目にみえなく、臭いもなく、形も確認できないが、人体に発がん性・奇形性などの毒性作用を引き起こす放射性物質が、長期にわたり体内や環境に残留することです(セシウム137の半減期30年、プルトニウム239の半減期2万4千年)。
(3)原子力発電装置は、電気を使って操作するので、それを供給する外部電力に依存するという構造的弱さをもっています。福島原発事故で明らかになったようにそれが絶たれると、炉心溶融(メルトダウン)や水素爆発、放射能汚染などの過酷事故を起こすのです。
(4)原発事故被害の甚大性は福島原発事故で明らかになりました。より多くの人々や広い地域一帯に重大な放射能汚染を及ぼしたこと、事故処理や放射能汚染を取り除くために多くの時間と巨額の費用がかかること、放射能被曝による悪影響や病気などが将来に発生したり次の世代にも起こることなどです。
(5)廃炉費用と事故対策費用および事故処理費用が巨額になることです。福島原発事故の処理(事故原発の解体、使用済み核燃料の取り出し、デブリ:溶融塊の取り出し・処分)は、40年以上はかかり費用も巨額になると予想されています。この費用は長期にわたり、納税者と電力消費者の負担となります。
原発は初期投資は少なくてすみますが、廃炉費用や事故対策費用も含めて長期的に試算すれば、高価なエネルギー源であり、この費用は将来世代の負担に先送りされるのです。原発に依存してきた日本の電気料金は世界一高いのです。
(6)日本列島はトラフ型巨大地震や活断層の多い地震大国であり、おまけに活火山も多く、原発立地にはもっとも不適なところです。
(7)原発は、放射能排出と建設・燃料移送・運転にCO2を排出するので、それをクリーンなエネルギー源と宣伝するのは電力会社と政府のウソです。
(8)原発は近い将来に枯渇する再生不能エネルギーです。燃料のウラン鉱石は、石油より速く枯渇して無くなるからです。
(9)使用済み核燃料(高レベル放射性廃棄物:核のゴミ)から取り出されるプルトニウムは、核兵器の原料になります。ちなみに長崎にアメリカが落とした原子爆弾は、このプルトニウム型です。
(10)原発は送電線を爆破するなどの外部電力の切断で、簡単に原発テロを起こせます。安倍政権が憲法の禁止した集団的自衛権を強行採決したので、日本もアメリカと同様にテロリストのターゲットとなりました。

マスコミは依然として、原発を推進する安倍政権の脅しと懐柔で、ジャーナリズムとしての良心を忘れているのでしょうかね。

新年あけましておめでとうございます。

ようやく2016年1月1日に、「金融の公共性研究所」のWebサイトを公開することができました。

2013年から準備にかかり、2014年には公開できる予定でしたが、どうしても自分で納得できないところがあり、開店休業状態になってしまいました。
公開予定をお知らせした方々には、ご迷惑をおかけしました。お詫びいたします。

いつものことですが、小さなことでも自分に納得できないと先に進めない、わたしの不器用さが足を引っ張りました。

まだ幹だけのページですが、みなさまのご参加とご協力をいただいて、実り豊かなサイトにしていきたいと思います。