金融の公共性

この「金融の公共性」ページでは、次に提案する論点について、考えましょう。みなさんのご意見・ご提案をお待ちしております。

このテーマにご関心があれば、ご自由にご参加ください。

このページの下にある「意見交流の広場」にコメントを書き、送っていただくことができます。

またこのテーマについての有益な情報があれば、同じくその下にある「学習・研究情報の広場」にコメントを書き、送っていただくことができます。



(1)金融とはどのような経済行為でしょうか。

(2)貨幣(お金)とはどのようなもので、どのような働きをするでしょうか。

(3)貨幣(お金)はとても便利なものですが、どのような弊害があるでしょうか。

(4)「金融の公共性」あるいは「金融は公共財」とは、どういうことでしょうか。

(5)金融は公共財としてどのような特性をもつ公共財でしょうか。

(6)公共財である金融が、人間および人間社会を破壊するのはなぜでしょうか。

(7)公共財である金融(国際金融)を人間の持続的幸福に役立てるには、どのような金融制御が必要でしょう  か。

(8)その他、これらのテーマについてどのような考え方や検討課題があるでしょうか。


参考までに、このページから枝分かれしたページのトップに、「紀国の考える金融の公共性」の要点を紹介しました。
(なおこのページには要点を記載するしか余裕はありません。詳細をお知りになりたい方は、拙著『金融の公共性と金融ユニバーサルデザイン』ナカニシヤ出版、の該当箇所をご参照ください。)

                        (2014年9月9日執筆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です