北村裕明氏の国家破産論研究の紹介

北村裕明氏(滋賀大学教授)の国家破産論研究の内容を紹介いたします。

これらの論文は、京都大学附属図書館の京都大学学術情報リポジトリ・KURENAIから、および滋賀大学附属図書館の滋賀大学学術情報リポジトリから、それぞれダウンロードできます。

また下記の「ダウンロード画面はこちら」をクリックしてもダウンロード画面にアクセスできます。

北村裕明氏からは当研究会の教材としたい旨、許可を頂いております。

財政学研究誌に掲載の論文と北村裕明氏の国家破産論研究を学習すれば、国家破産についての重要な古典研究をほぼ網羅することができます。
(この研究会発足にあたって北村裕明氏からは貴重な情報提供と助言を頂きました。記して感謝申し上げる次第です。)

 

北村裕明「D.ヒュームと国家破産」『経済論叢』第128巻、1981年7・8月。

ダウンロード画面はこちら

北村裕明「J.スチュアートと国家破産」『彦根論叢』第212号、1982年1月。

ダウンロード画面はこちら

北村裕明「国富論体系の成立と国家破産」『彦根論叢』第213号、1982年3月。

ダウンロード画面はこちら

(2017年1月1日執筆)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です